男性型脱毛症(AGA=Androgenetic Alopecia)の対策と治療法

男性型脱毛症(AGA=Androgenetic Alopecia)を正しく理解しよう

男性の薄毛の原因の中でも特に抜け毛に影響してくる要因としては、男性ホルモンと遺伝です。
男性ホルモンや遺伝が原因で薄毛が進行していく症状をAGAといいます。
AGAは男性型脱毛症で、男性の抜け毛の原因のほとんどがAGAだとされています。
いくら頭皮をケアしてもバランスのよい食生活、適度な運動や十分な睡眠などをとっても一向に抜け毛の進行が止まらないのがAGAです。

AGAかどうかはすぐにわかります。

自分がAGAかどうかを調べるには、頭髪専門の医院やクリニック、一般の皮膚科などで診察を受けて遺伝子検査をしてもらうことでAGAの可能性があるかどうかを調べてもらうことができます。
AGAと判断されたら、それはある意味で安心です。
きちんとした治療法が確立されているからです。
それは薬による治療法になります。
使用する薬は、フィナステリドとミノキシジルの2つの薬を服用して治療するのが基本的な治療方法となっています。
からだへの影響もある薬ですので、きちんと医師の診察を受けてから処方をしてもらうことです。

男性型脱毛症と発毛方法について

このようにAGAの場合、発毛を促す方法としておすすめなのが、専門の医療機関に受診することです。
中には市販薬やアイテムで症状を解消していこうとする人もいるようですが、それでは人によっては十分な効果を得られないこともあります。もちろん、人によってはそれだけでも十分な効果を得られることもあるでしょう。
もしくは医療機関自体に抵抗を感じるという人もいるかもしれません。ですが、やはり脱毛症に関してはその道のプロ、しいては専門の知識を持った医師に診てもらったほうが確実です。
医療機関であれば、より適切な治療が受けられますし、人それぞれのケースに合わせた治療薬、処方薬が使用することができます。気になる症状があるという人はまず、医療機関での診察を受けることからはじめていきましょう。

AGAならば治ると一般に認知されてきています

実際、男性型脱毛症、所謂AGAという言葉を聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。
最近ではCMや広告などでもその言葉を耳にしたり、目にする機会も増えてきています。というのも、この男性型脱毛症、数ある脱毛症の中の一種なのですが、最近この症状に悩まされている人が増えてきているのです。
そのため、その症状を解消するためのアイテムや市販薬、そして医療機関の宣伝もより増えてきてるということなのでしょう。市民権を得たAGAと治療法がより普及してくれることを祈っています。